実るほど頭を垂れる稲穂かな。

この前の日曜は、上顎洞の解剖&オペの講習会で

 

神田へ。

 

3人の講師は、

皆川先生(うちのスタディグループの代表)、

 

菅井先生(凄い先生)

 

高橋先生(神奈川歯科大学解剖学教授)

 

この高橋先生。

 

私の小学校からの幼なじみのパパです。

  • 実るほど頭を垂れる稲穂かな。
  • 実るほど頭を垂れる稲穂かな。

しょちゅう家に遊びにいったり、

 

泊まりに行っていたので、(最長14日連泊記録アリ)

 

 

超久々の再会、そしてそのお父さんから

 

 

自分が歯科医師になってから、講演会を聞く

 

 

事になるなんて、不思議な気持ち。

 

 

さて高橋先生ご登壇です。

 

 

キター!!一誠(幼なじみ)パパだ!!

 

 

講義が始まり、、

 

ドキドキ、ワクワク、

  • 実るほど頭を垂れる稲穂かな。

しかし!!!

講義が始まり、5分経過したころ、

 

一人の参加者の男性が挙手し、

 

講演会の内容について、

 

「今の○○は違う!間違った事を講演会で話すな!」

 

 

と発言し会場は一気に凍りつきました。

 

 

 

その男性は、某大学病院耳鼻科の教授でした。

 

 

(最後に質疑応答の時間も設けてあるのに、

 

講義を止めて質問する事自体、ちょっと

 

 って感じですし、何よりその言葉使いが

 

相手への敬意に欠けており、嫌な気持ちに

 

なったのは私だけじゃなかったと思います。)

 

 

 

高橋先生は、質問された方に、とても優しい言葉で

 

ご自身及び解剖学的な見地に

 

立って返答されました。

 

ただ、その質問された方へ、

 

「そのような見解をお持ちの方もおられますので、、」

 

的な感じで強く否定しなかった為、

 

会場は高橋先生が言われてしまった的な

 

雰囲気が、、、。

 

 

(正直、その時は、なんでもっと強く反論しないんだろうと思いました)

 

 

 

両者のどちらかが正解なのか?争点になっているのは、

 

 

専門用語の言い方、解釈?のような事柄で、

 

 

正直臨床的にはどーでもいい事です。

 

 

会場にいる100120名、この時点ではどちらが

 

正解なのか分かる人は誰もいなかったと思います。

 

(ただ1人を除いては)

 

 

 

なんか、あまり見たくない光景でしたので、

 

 

物凄く寂しい気持ちになり昼食へ

 

  • 実るほど頭を垂れる稲穂かな。

いきなりステーキ!

 

450g食べて切り替えよう。

 

なんか、気持ちが落ち込みます。

 

(はぁ、、隣でホリ○モンが1人でステーキ食べてるけど、まっいっか。)

 

  • 実るほど頭を垂れる稲穂かな。

講演会は終始微妙な空気で終わり。

 

 

なんだかなーって感じでした。

 

 

 

後日談として、解剖学的、口腔外科学、

 

耳鼻咽喉科学においても

 

高橋教授の講演内容が100%正解である事が

 

判明しました。

 

 

実は、講演中、高橋教授は当然この事を

 

唯一理解されていたのです。

 

 

 

じゃあなぜ、相手をその場で強く否定しなかったのか?

 

 

 

「相手も、著名で立派な方ですから、皆の前で

 

正すことは失礼にあたるから。」

 

 

「講演会が終わってから2人だけで意見交換します」

 

とおっしゃていたそうです。

 

 

 

 

 

:涙。

 

かっこよすぎるよ!一誠パパ!(涙)

 

 

相手の攻撃をまず受けて優しく返す。

 

 

横綱相撲。

 

 

いや、プロレス。

 

 

 

その相手を思いやる気持ち、温かみのある言葉、

 

本当に超感激・感動しました(涙涙)

 

 

 

歯科医師として、人としてハイブリッドな超一流。

 

 

 

 

 

一誠君。あなたの父は偉大です。

 

ただそれだけを伝えたかったので書きました。

 

(今日電話します)

 

 

 

 

神奈川県横浜市|診療予約|こまがみね歯科医院