神経を残す!No.2

歯の神経を残すことの大切さは前回のブログでお話ししましたが、

 

今回は神経を残す治療法についてお伝えします☆

 

生活歯髄療法

 

むし歯が神経に近接していて、

 

通常であれば神経歯でも取らなければならない歯であっても、

 

条件が揃えば神経を温存して治療を行うことが可能です。

 

 

  • 神経を残す!No.2

神経にマイクロスコープ下で、到達しないギリギリの

 

ところまでむし歯を取り除き、一度セメントでしっかりと封鎖します。

 

後3月程度経過観察を行うと、神経が萎縮し健康な象牙質が

 

作られます。そこでもう一度治療を行い、セメントと共に残ったむし歯

を取り除き、歯の修復を行います。

治療にはマイクロスコープやラバーダムといった

 

特殊な器具を用いるため、自費でのご案内となりますが、

 

神経を残すことのできる価値のある治療です。

 

 

詳しくは当院のスタッフまでお尋ねください☆

神奈川県横浜市|診療予約|こまがみね歯科医院