ブログ駅伝第10区☆~前編こまがみね歯科医院を振り返って~

ブログ駅伝アンカーを努めさせて頂く

 

 

 

院長の駒ヶ嶺です。

 

 

 

本年度も多くの患者様にご来院頂き

 

 

誠にありがとうございました。

 

 

 

この場を借りて御礼申し上げます。

 

 

 

当院の患者様には10月頃から

 

 

ご案内させて頂いておりますが、

 

 

この度、当院は202141日に

 

 

現クリニックの目の前に

 

 

移転新規開業させて頂く事となりました。

 

 

移転にあたり皆様にご案内しなくてはならない点が

 

 

3つございます。

 

 

 

 

①医院の名称が変更となります。

 

 こまがみね歯科医院から

 

横浜グランアズーリデンタルクリニック 

 

 

えっ??何で?と思われる方も多くいらっしゃるハズです

 

ので、後述致します。

 

 

 

3/19(金)~3/31(水)まで休診とさせて頂きます。

 

 

上記の期間中に現クリニックを解体し新たに

 

駐車場整備を行います。

 

駐車場が停めにくい状態が続き

 

皆様には大変ご迷惑をお掛けしておりましたので

 

新規開業前に整備したかった旨

 

ご理解の程宜しくお願い致します。

 

 

 

 

③新医院の内覧会を3/27(土)3/28(日)に開催します

 

 

 

普段なかなか見れないクリニックの裏側まで

 

お披露目致しますので是非お越し頂ければと思います。

 

 10時~15時(昼休憩なしです)

今年のブログ駅伝は書きたい事項が多すぎて

 

 

 

前編~こまがみね歯科医院を振り返って~

 

後編~横浜グランアズーリデンタルクリニックが

     目指す先~

 

前後編に分けて書かせていただきます。

 

 

 

 

今年はコロナの流行により、

 

多くの方々にとって大変な1年となってしまいました。

 

 

現場で勤務されている医療従事者の方々に深い御礼と

 

 

感謝を申し上げると共に

 

 

1日も早い収束を祈願しております。

 

 

 

当院では今年、新たに2名の正社員が入職

 

歯科衛生士・受付)しスタッフも

 

歯科医師5名(小児・外科医・矯正・一般)

 

歯科衛生士9

 

受付3

 

滅菌担当3

 

事務1

 

となりました。

 

当院では以前より『歯科外来環境体制加算』

 

『かかりつけ医機能強化型歯科診療所』

 

といった全国の5%程度の歯科医院しかクリア

 

していない

 

厚生労働省から認可された施設基準を取得しており

 

感染予防対策、スタンダードプリコーションの遵守を

 

開業以来努めてきましたので

 

コロナ渦においても大きな混乱は生じなくて

 

済みました。

 

 

 

こまがみね歯科医院の経緯を振り返ってみたいと

 

思います。

 

 

こまがみね歯科医院は

 

 

先代である私の父が今から40年前

 

 

今回の移転先で開業しました。

 

40年前に今回の移転先で父が開業

 

 15年前に現医院の場所に移転

 

 そして来年、元に戻る感じです)

 

 

 

私が研修医の時に父が他界し

 

 

7年前に私が継承させて頂き本日に至ります。

 

 

 

継承当初は、患者さんもだいぶ減り、

 

ユニット2

 

スタッフ3+母親からのスタートでした。

 

 

その当時は、将来医院を大きくして移転しようなど

 

考える余裕はなく

 

その日の診療で精一杯といった感じでした。

 

 

ただ、漠然と待合室が人で溢れるような繁盛した

 

歯科医院を作りたいと

 

構想は抱いておりました。

 

 

 

 

優秀なスタッフも年々増え、

 

患者さんも少しずつ戻ってきて下さり、

 

 

毎年着実にメンテナンスの患者様が増えてきました。

 

 

 

私も色んな研修や勉強会に参加する中で

 

 

こまがみね歯科医院に通って下さる患者さんに

 

 

今よりもっと快適な環境で、

 

 

治療やメインテナンスを受けて欲しいと

 

 

強く思いようになり

 

 

数年前より移転を考えるようになりました。

 

 

移転後はこんな歯科医院にします!!

 

1.治療と予防のフロアを分ける

 

 治療や手術を行なっている横で

 

 メンテナンスを受けても

 

 落ち着かないと思います。

 

 完全個室で感染対策、プライバシーを保護し

 

 快適な環境を整備する事

 建物3Fは『Oral Health Care Center 』として

 

 歯を生涯大切に守っていきたいという患者様専用の

 

 予防フロアとなります。

 

 

2.専門性の高い歯科医療を提供する

 

 歯科医師にも専門性があり、得意、不得意があります。

 

 精密根管治療、歯周治療、口腔外科、インプラント、

 

 義歯、ブリッジなどの補綴治療、小児歯科、矯正治療

 

 それぞれの専門医師がチームを組んで治療を

 

 提供致します。

 

特に、自費治療はより求められる技術や結果が

 

高度になる為、

 

今回、完全個室の最新マイクロスコープを完備した

 

特別診療室も用意しました。

 

 

3.患者さんを待たせない

 

私自身、小中高と皆勤賞で部活の監督さんから時間を

 

守る大切さを教えて頂き

 

時間を守る事はスタッフにも日頃から徹底させております。

 

病院=待たされるといったイメージがありますが

 

医科や緊急性が伴う病院においてはある程度は

 

仕方ないと思いますが

 

歯科は予約制とアナウンスしている以上、

 

待たせてはいけないと考えております。

 

現状100%達成しているわけではないですが、

 

・受付を2~3名体制にする

 

・電話対応専門スタッフの配備

 

・保険でもキャッシュレス決済を導入

 

・自動清算機導入

 

 

・混雑時のアポイント調整

 

 

など、ハード、ソフト面ともに改善し

 

時間を大切にする・待たせない歯科医院を目指します。

 

 

4.患者さんと対話、成長できる歯科医院を目指す

 

日頃から、この説明で患者さん納得しているのかなぁ

 

と疑問に思うことが多々あります。

 

コロナ前は、初診カウンセリングや治療説明で

 

60分行う事が日常でしたが、それでも時間が足らない

 

細かな事柄であれば、治療前後の説明で充分ですが

 

後々になって、〇〇されたと患者さんに思われないように

 

カウンセリングする時間に加え、

 

ご自身に歯の知識を付けていただく事が

 

患者さんの為になると考えております。

 

 

例として

・自分の歯の現状と将来どうなるか

 

・虫歯、歯周病の治療法、予防方法

 

・差し歯って何?

 

・入れ歯、ブリッジ、インプラントってどれがいいの?

 

・保険外治療って何が違うの?

 

・親知らずは抜いた方がいいの?

 

・歯を残すために、日々患者さんご自身でできるケアの仕方

 

 

これらはほんの一部ですが、

 

これらをしっかり説明しようと思うと最低1時間

 

治療しながらではなかなか難しいです。

 

 

そこで

 

治療以外に院内で定期的に患者さん向けに

 

勉強会を開催できるセミナースペースが必要

 

であると考え

 

今の医院規模では上記を達成する事ができない為、

 

移転を決意しました。

 

 

こまがみね歯科医院の患者さんを

もっといい環境

 

もっといい治療

 

もっといいサービス

 

もっといい学び

 

が提供できる歯科医院を目指す所存であります。

 

 

私が生まれた頃には既にあった

 

『こまがみね歯科医院』という

 

父が掲げた看板が無くなる寂しさはありますが、

 

将来この決断が正しかったと自身及び患者さんに

 

思って頂けるよう精進して参ります。

 

 

後編に続く

 

 

  • ブログ駅伝第10区☆~前編こまがみね歯科医院を振り返って~

神奈川県横浜市|診療予約|こまがみね歯科医院