高3の夏。

あの夏
 
 
今から10数年前、私が高校3年の夏 この季節になると蘇りますー
 

 

  •     全国高校総体(インターハイ)in熊本
  •  
  •     ツタヤ杯U-18in 新潟
  •  
  •     ベイブリッジユースサッカー大会 in三ツ沢球技場

 
1日も休みなく、3つの大会に参加という結構ハードなスケジュールです

 
インターハイ直前合宿を静岡の時之栖で行います。(ここは中学サッカーの合宿から何度行ったことか、、、)





時之栖には、サッカー日本代表が合宿を行う事もあり、サッカー場などのトレーニング施設が充実しており、

インターハイ出場を決めた全国のチームが集まり直前合宿を張り、練習試合を行いコンディション調整を行います。


 
この合宿では、インターハイ本戦に向けての18人のメンバー選考も兼ねており、全員必死です



監督へのアピールしなくてはいけない為、練習試合とはいえ相手は全国の強豪チームであり激闘となります。

この暑さの中、1日2~3試合する為、精神的にも体力的にもギリギリ


 

インターハイのメンバーに入るという事は、進学を希望している高校生にとっては非常に重要で、大学の推薦を受けやすいなど

今後の進路のカギを握っているため皆必死です。(私は、歯学部を希望していたので何も関係ないですが、

 
5日間の合宿最終日、最後の練習試合の後、いよいよ発表が、、、、





 
同じ部屋の私以外の4人全員メンバー選考から落選してしまいました。


その後、選抜メンバー18人だけでミーティングがあり、そこでユニフォームやインターハイの開会式で着る神奈川県代表のシャツなどが渡されます。
 
その後、重い足取りで1人部屋に帰ると 『こま、おめでとう』と声をかけてもらいましたが皆 悔し涙を流していました。



サッカーで全国大会に出場する為に、故郷を離れ寮生活をしているチームメイトも多く、彼らのサッカーにかける

思いを知っているだけに、3年間苦楽をともにしてきた彼らと一緒にプレーできないという事はとてもつらいことでした。



サッカーでピッチに立つということは、その代わりに誰かが悔しい思いをしている訳で

試合に出る権利を得たものは、死に物狂いで戦わなければならないということを痛感します。


 
 
 
 
この後、非公式ではありますが、御殿場の森の中にある、ラーメン屋へ5人で食べに行き
(真っ暗すぎて、帰りは軽く迷子



『この悔しさは冬の選手権で晴らそう!』と決起集会を行いました





 
その後、休みなく 本戦へ向けて熊本へ出発です。(いよいよインハイ


 
熊本はとにかく 暑い 暑すぎる


関東でも暑いですが 火の国 熊本の暑さはハンパじゃありません。正直こんな暑さでサッカーやっていいのか?というレベル



 
 
熊本県の大津高校との練習試合を行い(大津高校はJリーガーを多数輩出している名門)


久々のオフ

私は、宿舎でテレビを見ていると、外出したチームメイトが何故か


地元のテレビに出ている


レポーターの地元のお笑い芸人(ばってんジョージという地元では結構有名らしい)よりチームメイトが目立ってしまい、軽く放送事故。
 
その夜、全員集合させられ監督さんからお説教。(そりゃそーだ)


 
いよいよ インターハイ本戦です



熊本まで、私の両親、そして大分に住んでいるいとこ、親戚も応援に来てくれました。




(えっ!!!別人でしょ? というお声を多数頂戴しております


 
中学生や高校2年までは、自分の試合に両親が観に来るのが 恥ずかしかったのですが、


高校3年になり、自分はサッカーをするのは高校までと決めていたので、


あと何試合、自分のサッカーしている姿を両親に見せれるだろう?

と考えると、1試合でも多く 両親に自分がサッカーしている姿を見てもらいたいと思うようになりました

 
1回戦はシードで勝ちあがり 2回戦は大分県代表チームに3-1で勝ち

ベスト8をかけた鹿児島実業戦に破れインターハイは幕を閉じました。(鹿実強かった)

 
 
 
 
 
負けた悔しさ、悲しさ、喪失感の癒えぬまま、一度家に帰り翌日、

ツタヤ杯U-18に出場する為 新潟へ出発(疲労MAX
 
室蘭大谷、青森山田 星陵 などの強豪が参加してのこの大会。

結果は、よく覚えてません(新潟はお米が美味しかった

 
ヘロヘロで一度、家に帰り

翌日から、ヨコハマベイブリッジユースサッカー大会に出場する為に

中華街の豪華なホテルへ(フラフラ

この大会は中華街のホテルに宿泊し、個室という高校生にはVIP待遇でした


 
この大会には 横浜マリノスユース、東福岡高校 光陽製鉄(韓国でNo1チーム)とトーナメントの大会です。






 
この大会には、川口能活、小野伸二、などの多くの日本代表選手が過去に参加しており、素晴らしい大会です。

前日はホテルでレセプリョンパーティーなどが催され、とっても豪華な大会でした







 
高校三年の夏は1日も休みがなく、サッカー漬けでした
 
今思えば、こんなに1つの物事に打ち込み、喜び、悲しみ、涙した夏はもうこの先ないでしょうし、

熊本で感じたあの、熱さ  を忘れることはないでしょう
 
 

 
 
夏休みが終わり、いよいよ秋、全国高校サッカー選手権大会神奈川県大会予選が始める季節です。


小5で地元の白根サッカークラブに入って、最初はサッカーのオフサイドのルールも分からなかった私の、

サッカー人生の集大成の大会がいよいよ始まります






続く、、、のか???



では
予防歯科を始めよう

こまがみね歯科医院  http://www.komagamine-dc.com

045-953-1321



 

 

2015-08-12 12:51:16

神奈川県横浜市|診療予約|こまがみね歯科医院