長い目で見てお口の健康を考えるなら、すみやかに親知らずの治療を

長い目で見てお口の健康を考えるなら、すみやかに親知らずの治療を

20歳前後になると、誰でも生えてくる可能性のある親知らず。抜歯には「痛い」「顔が腫れる」といったイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、そのまま放っておくと他の健康な歯まで失ってしまうおそれがあります。お口の健康を守るためにも、親知らずに違和感や痛みが出たらすみやかに歯科医師の診断を受けましょう。

親知らずの治療は、旭区鶴ヶ峰の歯医者「こまがみね歯科医院」にお任せください。当院では、長い目で見て歯の健康を保つために、患者さんひとりひとりに合わせた親知らずの治療を行っています。

親知らずは絶対に抜歯しなければいけないの?

親知らずは、18~20歳前後に生えてくる第3大臼歯です。一般的に、生えてしまったらただちに抜歯しなければならないというイメージがあるかもしれませんが、必ず抜かなければならないというわけではありません。正しい位置に生えていて、上下でしっかり噛むことができ、虫歯や歯周病になっていないのであれば、親知らずは抜歯しなくても構わないのです。

こんな親知らずは抜歯しましょう
噛み合う歯がない
噛み合う歯がない
生えてきた親知らずに噛み合う歯がないと、歯がどんどん伸びてきて、頬や歯ぐきを傷つけてしまうことがあります。このようなケースでは、他の病気を引き起こさないためにも、抜歯したほうが好ましいと言えます。
他の歯を押してしまう
他の歯を押してしまう
生えてきた親知らずが他の歯を押してしまうと、歯並びが乱れてしまいます。このような場合は痛みが生じることも多いので、お口の健康のためにもすみやかに抜歯をしましょう。
清潔にできない
清潔にできない
歯ブラシが当たらない位置に生えてしまった親知らずは、不潔な状態になりやすくなります。親知らずが虫歯や歯周病を起こすと、周囲の健康な歯にもダメージを与えてしまいます。被害を増やす前に抜歯しましょう。

親知らず抜歯の難易度と症例

難易度 写真 部位 状態 注意事項
下の左右の端 下の左右の端 歯の大部分が歯ぐきの上に出た状態です。歯ブラシの当たらないところが、炎症を起こしています。 処置時間は2~3分程度です。切開・縫合はしません。術後に鎮痛剤・抗生物質を処方します。
★★ 下の左右の端 下の左右の端 歯の10%程度が歯ぐきの上に出た状態です。親知らずと手前の歯が虫歯になっています。 処置時間は10分程度です。麻酔後に切開し、歯を割って抜歯したら2針縫合します。術後に鎮痛剤・抗生物質を処方します。
★★★ 右下の端 右下の端 歯ぐきの中に歯が埋まっており、70~80%は骨に埋まっている状態です。
「水平埋伏智歯」と呼ばれます。
術前にCT撮影を行います。処置時間は30分程度。麻酔後に切開し、歯を割って抜歯したら2~3針縫合します。術後3日程度は腫れなどの症状が起こるかもしれません。鎮痛剤・抗生物質を服用してください。
★★★★ 下の左右の端 下の左右の端 親知らずが完全に骨の中に埋まっている状態です。慢性的に排膿(はいのう)しています。 術前にCT撮影を行います。処置時間は45分程度。麻酔後に切開し、神経の損傷を避けて抜歯したら2~3針縫合します。同時に歯周病の治療も行います。術後に鎮痛剤、抗生物質を3~5日服用してください。術後は腫れなどの症状が起こります。
★★★★★ 下の左右の端 下の左右の端 親知らずが顎の骨の中に埋まり、膿の袋を形成している状態。神経と歯根が絡み合っている。 処置時間は左右合わせて60~90分です。入院し、全身麻酔を施した上で手術を行います。左右を抜歯し、のう胞の摘出をします。神経麻痺が生じる可能性があります。

親知らずの治療はお早めに

親知らずの違和感や痛みがあれば、すみやかに歯医者で診察を受けましょう。「抜歯が怖いから……」といって放置してしまうと、周囲の歯を虫歯や歯周病で失ってしまうおそれがあります。親知らずの痛み自体は抜歯してしまえば治まりますが、周囲の歯を失ってしまったら二度と元には戻りません。

横浜市旭区のこまがみね歯科医院では、患者さんの今後の長い人生を見据えた治療をご提案しています。「今の痛み」以上に、「この先の歯がどうなるか」という患者さんにとってもっとも大切なことを重視して診断します。長い目で見てお口の健康をお考えの方は、ぜひ当院で親知らずの治療を検討してみてください。

Q&A

Qおやしらずは何で抜かなければいけないの?

Aおやしらずが正しい位置に生え、正常にかみ合っている場合、無理に抜く必要はありません。
ただ、おやしらずは横に生えたり、生えきらなかったりすることが多く、腫れたり隣の歯まで虫歯になることが多くトラブルの原因になります。

腫れたり、隣の歯が虫歯になる前にしっかり生えていないおやしらずは抜歯したほうがいいでしょう。
また、年齢が進むにつれて周囲の骨が硬くなりますので、若く健康なうちに抜歯することをお勧めいたします。

Qおやしらずを抜くのに時間はどれくらいかかるの?

A親知らずの難易度にもよりますが、麻酔が効いてから、実際に処置する時間としては15分~30分程度を見て頂ければと思います。
来院されてからお帰りいただくまで、大体1時間程度(麻酔が効く時間、止血を確認する時間、抜歯後の注意事項をご説明する時間)お時間をいただいております。

ただ、横に生えてるから、歯茎に埋まっているからといって難しいわけではありませんので、ぜひ当院までご相談下さい。
※ 歯の根が神経や血管に近接している場合は、提携先の大学病院の口腔外科へご紹介させていただきます。

Qおやしらずを抜いている時に痛みはないの?

A抜歯前に 伝達麻酔、局所麻酔をいたしますので抜歯中に痛みに耐えて頂くようなことはございません。
麻酔によって痛みの感覚はなくなりますが、押される感覚は残ります。
麻酔は4~5時間効きますのでその間は、食事を控えて頂くようになります。

Q抜歯後の腫れや痛みはどうなの?

A個人差や抜歯の難易度にもよりますので 予測が難しいのですが、一般的には抜いた後は腫れると思っていて下さい。
腫れは体の刺激に対する正常な反応ですので、無理に抑える必要はありません。
腫れのピークは2日程度で、その後は治まっていきます。

痛みに関しても術後1~3日はありますが、こちらから処方いたします鎮痛剤を服用すれば抑えられる範囲内の痛みであると思われます。
非常に簡単な抜歯では、一度も鎮痛剤を服用しないで済むこともあります。
レントゲン撮影を行えば、術後の痛みや腫れについては、おおよそ予想が付きますので、事前にこちらからご説明させて頂きます。

Q抜いた後に気をつけることは?

A激しい運動や長時間の入浴、飲酒などは出血や痛みの原因になりますので、控えて下さい。
食事に関しましては 召し上がれるのであれば特に制限は御座いません。
こちらから処方させていただく、化膿止め、鎮痛剤をしっかり服用して下さい。

Q抜歯後のトラブルってどんなことがあるの?

A抜歯後の持続する痛みにドライソケットと呼ばれるものがあります。
抜歯後、症状が軽くなってきたのに、何日かして抜いた場所がズキズキ痛みだします。

通常抜歯した穴には血餅と呼ばれる血の塊で満たされ、それが肉になり穴がふさがっていくのですが、その血の塊がごっそり取れてしまい、骨がむき出しになり痛みが出る。これが歯槽痛(ドライソケット)です。
抜歯後のトラブルの中では最も予測が困難で、こうなってしまった場合は傷口に軟膏のガーゼなどをつめ、ふたをし、抗生物質、消炎鎮痛剤などを投与し、傷の治りを待ちます。
軟膏ガーゼをつめることにより、痛みは大幅に軽減します。

横浜市旭区鶴ヶ峰の歯医者「こまがみね歯科医院」の医院案内・アクセス情報はこちらから