永久歯を失ってしまったらインプラント・入れ歯で快適な生活を取り戻しましょう

歯を失ったらすぐに対処を~インプラント・入れ歯~

一度抜けてしまうと、二度と生えてこない永久歯。虫歯や歯周病、事故などで永久歯を失ってしまったら、インプラントや入れ歯によって歯の機能を補う必要があります。中でも近年特に注目されているのが、「第二の永久歯」とも呼ばれるインプラント。従来の保険診療の入れ歯よりもずっと天然の歯に近い感覚が得られ、「うまく噛めない」「発音しにくい」「痛みや違和感がある」といった入れ歯特有のデメリットがないため、選ばれる方が増えています。

旭区鶴ヶ峰の歯医者「こまがみね歯科医院」では、患者さんのお口の状態に合ったインプラント・入れ歯による治療をご提案しています。失ってしまった歯のことでお悩みなら、当院までご相談ください。インプラント・入れ歯のメリットや注意点を、ご納得いただけるまで丁寧にご説明します。

歯を失ってしまったらすぐに治療を受けましょう

歯を失ってしまったらすぐに対処を

歯の病気や事故などで歯を失ってしまったら、すみやかに歯医者さんで治療を受けましょう。歯に起こった異常は、全身の健康にも影響を及ぼします。そしてたとえ1本の歯が抜けただけだとしても、放っておくと残りの健康な歯まで失うリスクを高めてしまいます。「奥歯で目立たないから」「痛みがないから」といって、放置してしまうのは大変危険なのです。

失った歯を放置するのは、こんなに危険!
虫歯や歯周病にかかりやすくなる

歯並びが乱れるとブラッシングがしにくくなり、磨き残しが増えます。歯に残った汚れは虫歯菌や歯周病菌の温床となるので、結果として虫歯や歯周病を招くリスクが高まることになります。

見た目が不自然になる

歯を失うと見た目が不自然になります。前歯など、人からよく見える歯がなくなってしまうと、笑ったときなどの印象が良くありません。また、奥歯などの目立たない歯であっても、なくなると頬がこけたり顎がたるんだりするので、お顔全体の印象が悪くなります。

うまく話せなくなる

失った歯のすき間から息が漏れると、うまく発音できなくなることがあります。こうなってしまうと、以前のようにおしゃべりを楽しめません。中には、発音がうまくできなくなったことで人と話すのが億劫になってしまう方もいます。

顎関節症や肩こりを招く

歯には、お口の中で食べ物を小さくしてから飲み込むことで消化を助ける働きがあります。歯を失って食べ物をしっかり噛み砕けなくなると、胃腸をはじめとした消化器官に過度の負担をかけてしまいます。

老化が進んでしまう

歯を失ってしまったために食べ物を十分に噛めないと、脳への刺激が少なくなり、老化が進むと考えられています。お口の中は、味覚・触覚・嗅覚といった多くの感覚が集まるところです。いつもしっかりと噛んで食事を味わうことは、脳へ刺激を与え、老化防止にもつながります。

「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」の比較

失った歯を補う治療には、「インプラント」「入れ歯」「ブリッジ」といった方法があります。それぞれにメリットと注意点があり、患者さんのお口の状態によってベストな治療法は異なるもの。歯科医師と相談しながら、どれを選ぶかを決めましょう。

  治療法 メリット デメリット
インプラント治療 顎の骨に人工歯根を埋め込み、それを土台にして人口の歯を装着する治療です。
  • チタン製なので強度が高い
  • 耐久性もある
  • 見た目は天然歯のように自然
  • 硬いものでもしっかり噛める
  • 自費診療のため高額
  • 外科手術が必要
  • 顎の骨の状態や全身疾患によっては治療ができない
入れ歯治療 人工の歯にバネをつけて、周りの残っている歯を使って固定する治療です。
  • 治療期間が短い
  • 保険診療として扱え
  • 保険診療でも治療できる
  • 保険診療の場合は見た目がやや不自然
  • 装着時に違和感が出る
  • バネをかける歯に負担がかかる
ブリッジ治療 周りの歯を削って土台にし、1本~数本の連なった人工の歯を装着する治療です。
  • 入れ歯に比べて違和感が出にくい
  • 保険診療を選べる
  • 失った歯の左右の健康な歯を削らなければならない
  • 土台となる歯に負担がかかる
  • 歯の状態によっては適用できない

こまがみね歯科医院のインプラント

インプラントのメリット・デメリットインプラントのメリット・デメリットインプラントのメリット・デメリット

入れ歯やブリッジと異なり、周りの健康な歯に負担をかけないのがインプラントの大きな特徴です。生体親和性の高いチタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込んでしっかりと固定するので、まるで自分の歯のように噛むことができます。
旭区鶴ヶ峰の歯医者「こまがみね歯科医院」では、世界でもっとも信頼されているストローマン社(スイス)のインプラントシステムを採用しています。ストローマン(ITI)インプラントは、専門のトレーニングを受けた医師のみが取り扱えるもの。サイズも日本人の顎に適していますので、安心して治療を受けていただけます。

インプラント料金表

※価格はすべて税抜きです。

インプラント
CT撮影診査・診断 ¥20,000 (当院でインプラント治療を受ける方は無料)
インプラントガイド ¥60,000 (1歯増えるごとに\10,800)
インプラント埋入 ¥200,000  
アバットメント(既製) ¥50,000  
アバットメント(カスタム) ¥80,000  
クラウン(ジルコニアorメタルボンド) ¥100,000  
GBR ¥100,000  
レイマス(下顎枝)
ブロックべニアグラフト
¥150,000  
サイナスリフト(クレスタル) ¥100,000  
サイナスリフト(ラテラル) ¥200,000  
FGG(遊離歯肉移植術) ¥50,000  
CTG(結合組織移植術) ¥70,000  
ソケットプリザベーション 材料代のみ  

(例)虫歯で歯が1本なくなってしまった場合(GBR、軟組織移植なし)

インプラントガイド
¥60,000
インプラント埋入
¥200,000
既製アバットメント(土台)
¥50,000
ジルコニアクラウン(被せ物)
¥100,000

計)¥442,800(税込)

歯周外科&再生療法
APF(歯肉弁根尖側移植術) ¥80,000
MWF ¥60,000
FGG(遊離歯肉移植術) ¥50,000
CTG(結合組織移植術) ¥70,000
Crown Lengthning(歯冠長延長術) ¥50,000
根面被覆術 ¥80,000
GTR法 ¥80,000
エムドゲイン ¥70,000
リグロス 保険適応
歯牙移植
歯牙移植 ¥150,000

保証についてはこちらからご確認ください
自費診療の保証について

こまがみね歯科医院の義歯・入れ歯

当院で取り扱っている義歯・入れ歯の一覧です。患者さんのご要望をお聞きして、もっとも適切な素材をご提案いたします。

金属床(コバルトorチタン)
金属床(チタン) 床の部分が金属でできている入れ歯です。金属製のために熱が伝わりやすく、食事の際にも食べ物や飲み物の温度を感じやすくなっています。強度が高くて薄いので、違和感もほとんどありません。当院では比較的安価なコバルトクロムと長期的に安心して使えるチタンをご用意しています。
ノンクラスプデンチャー(特殊プラスチック)
ノンクラスプデンチャー(チタン) バネのないタイプの部分入れ歯です。弾力性のある特殊な樹脂を使用しており、自然な見た目で装着性にすぐれています。一方で、熱や汚れに弱く、修理が難しいのが難点と言えます。
マグネットデンチャー(コーヌス)
マグネットデンチャー(チタン) 磁力で固定する入れ歯です。残っている歯根に金属のキャップを被せ、義歯のほうにも磁石を入れて互いの磁力で強力にくっつけます。ずれにくく、硬いものでもしっかりと噛めます。
コーヌスコローネデンチャー(チタン)
コーヌスコローネデンチャー(チタン) 残っている歯に金属の内冠を装着し、外冠のついた入れ歯を摩擦によって固定します。茶筒とフタのようなイメージです。ずれにくいのでしっかりと噛むことができます。
コバルトクロム義歯
コバルトクロム義歯 歯肉にあたる部分の1部がコバルトクロムでできた入れ歯。強度に優れており薄く作れるので違和感が少ないのが特長です。熱が伝わりやすいため食事をおいしく召し上がれる半面、若干高価になります。

入れ歯料金表

※価格はすべて税抜きです。

コバルト
片側 ¥250,000 5年保証
両側 ¥300,000
全部床
コバルト ¥350,000 5年保証
チタン ¥450,000
ノンクラスプ
片側 ¥150,000 5年保証
両側 ¥220,000

保証についてはこちらからご確認ください
自費診療の保証について

神奈川県横浜市|診療予約|こまがみね歯科医院